コンテンツ

なぜ病気が治るのか?

人体の仕組み

人体は「脳の指令」で動いている!

人体の営みはすべて脳の指令によって自律神経をコントロールし生命活動を維持しています。脳からの指令は首から背骨を通って各臓器に伝達されホルモン等が正常に分泌されることで恒常性を保っているのです。
例えば食事を摂って血糖値があがると脳から膵臓に対してインシュリン分泌指令が出ます。そして膵臓からインシュリンが分泌されると血糖値が下がる・・・という仕組みです。2型糖尿病は事故などの衝撃で背骨の神経が圧迫されインシュリンを分泌するための脳からの指令が膵臓まで届かなくなり、膵臓がインシュリンを出さないから血糖値がいつまでも下がらないのです。膵臓が疲れてインシュリンを出さなくなっているのではありません。

やる気とか行動力、これもホルモンの働きでやる気が出るのです。うつ病はセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの分泌不足で行動する意欲がわかないのです。ひどくなると鬱で仕事も休んでしまいます。
世間では、仕事上のストレスに堪え切れず鬱になったとか、上司からガミガミ言われて耐え切れず鬱になったとか言いますが、それは順番が逆です。事故などの衝撃で胸椎3番の神経が圧迫されやる気ホルモンを出すための脳からの指令が伝わらなくなりやる気ホルモンが分泌されなくなっている時に、仕事上でのトラブルなどストレスがかかると、それに打ち勝つためのホルモンが分泌されず耐え切れなくなって休んでしまったりするのです。また、上司にガミガミ言われたら、普通なら闘争心のホルモンが出て「ナニくそ」という反発心が湧くものですが、このホルモンが分泌されにくい状況でストレスがかかると上司の言葉に耐え切れず、落ち込んでしまうのです。つまり、すでに鬱状態になっている状態でストレスがかかるから耐えられないのでです。ストレスで鬱になるわけではありません。鬱の原因は物理的な要因での胸椎の神経圧迫で脳からの指令が届かなくなっているのです。


不安症・恐怖症は恐怖に打ち勝つホルモンの分泌が悪いのです。精神的なものと考えられている症状は実はホルモンが原因なのです。
甘やかされて根性がないのではありませんし精神がたるんでいるわけでもありません。精神を鍛え直そうなどと間違った対応をしてはいけないのです。ましてや薬で治そうなんて論外です。

 

人体の仕組み

病気の原因

1. 神経圧迫で「脳の指令」を阻害!

脳のコントロールが効かない状態になり体調が悪化。
交通事故などの要因で骨が歪み首や背骨の神経が圧迫されると脳からの指令が十分に伝わらずホルモン等の分泌が悪くなると病気になります。例えば脳から膵臓に通じている背骨の11番(12番)の神経が圧迫されると、インシュリンを出せという指令がうまく伝達できなくなり、膵臓からのインシュリン分泌が悪くなり血糖値が上がったままになります。これが2型糖尿病であり、インシュリンを投与する前なら脳からの指令が届くようにしてやれば2型糖尿病は100%治ります。糖質制限食で血糖値が上がらないようにはできますが、糖尿病が治ったわけではありません。血糖値が上昇した時に必要なインシュリンが分泌されるようになれば「糖尿病が治った」と言えるのです。この点は医師免許を持つ人や糖尿病を専門に扱っている薬剤師などでも正しく認識していません。『暴飲暴食で膵臓を酷使して膵臓がインシュリンを出さなくなっているからしばらく休ませてあげましょう』などと言うのは大嘘です。膵臓は疲れてなんかいません。脳からの指令が届かないからインシュリンを分泌しないのです。指令さえくればちゃんとインシュリンを分泌する用意はできています。それなのにインシュリン投与を始めると、膵臓はインシュリンを分泌する必要がなくなり、次第にインシュリン生成機能が低下します。こうなると本物の糖尿病にされてしまうのです。

うつ病、パニック障害、不安症、恐怖症、ヒステリーなども同じ原理で治ります。
うつ病や恐怖症は精神的な欠陥ではありません。物理的な要因でホルモンの分泌が悪くなっているのです。根性を鍛えても治りません。
またヘルニアなどは背骨の神経が圧迫され痛みが出たり神経を圧迫されて力が入らないなどの症状が出ているのです。
手足が痺れる、痛い、これらは手足を治しても良くなりません。症状の真の原因である頸椎を治せば良くなります。

病気の原因その1背骨や頸椎の神経圧迫なのです。

神経圧迫で「脳の指令」を阻害!

2. リンパの滞留で「老廃物」が蓄積!

人体はリンパの流れによって老廃物を排除しています。
リンパ管には心臓に相当するようなポンプがなく、筋肉の収縮だけで送り出しています。このため流れが悪くなりやすく老廃物や有害化学物質が溜まると病気になります。具体例としてはアトピー、リウマチ、リンパ浮腫、化学物質過敏症、食物アレルギー、むずむず病などがあり、これらはリンパの流れをよくすることで症状は収まります。

特に関節のあたりのリンパが詰まりやすく、手首・足首・ひじ・膝・脇の下・鼠警部(脚の付け根)にむくみができます。リンパの流れは鎖骨の下あたりで静脈に流れ込み、血液と共に肝臓で解毒され、腎臓で濾過されて老廃物や有害物質は体外に排泄されます。

アトピーの原因はお産の時の「陣痛促進剤」ですよ!陣痛促進剤は猛毒です。毒が回ってきたら赤ちゃんは嫌がって暴れますから陣痛が起きるのです。お母さんの体も毒が回ってきたら赤ちゃんを安全は場所に逃がそうとして陣痛が起きるのです。これが陣痛促進剤の仕組みです。

さらに言えば陣痛促進剤などの有害化学物質が体内に溜まっている人は食物アレルギー、化学物質過敏症などになります。例えば卵アレルギーであれば、鶏のエサに含まれるホルモン剤、抗生剤、薬剤など有害物質が卵に入っていて、それを食べると体内の有害化学物質と反応して食物アレルギーがでるのです。牛乳、牛肉アレルギーも同じ原理です。

小麦アレルギーは輸入小麦の農薬が原因です。小麦の輸入には船で1か月かかりますが、カビが生える、腐る、虫が湧く、発芽するなどの弊害をなくすために農薬を散布して船で運んできます。日本に着いた農薬入りの小麦からそのまま小麦粉を作るのですから小麦製品は中身はすべて同じです。『うちの子は小麦製品は全部だめなんです』ということになるのは当然です。

最近グルテンフリーということが言われています。小麦アレルギーはグルテンが犯人だという説ですが、これは全くのウソです。もしグルテンが悪いのであれば国産小麦も悪いはずです。しかしさぬきの夢2000など国産小麦ではアレルギーは出ません。正しくは輸入小麦の農薬(TBZなど)が、体内に溜まっている陣痛促進剤などの有害化学物質と反応してアレルギーが出るのです。

食品に含まれる有害物質と体内の有害物質が反応してアレルギーが出るのですから、どちらか一方を除去すれば反応はでません。現状では給食で「うちの子は卵を排除してください」、「うちは乳製品を入れないでください」、「うちは小麦製品は全部除けてください」などと言って食べ物をコントロールして問題を解決しようとしています。しかし、これは毎日の食事をコントロールするのですから大変な負担になります。自然食品を買い求めても限界があります。それよりも容易にできる対策は『体内の有害化学物質を排出させる』ことです。食物の有害物質と体内の有害物質が喧嘩しているのですから喧嘩の相手のどちらか一方がいなくなれば喧嘩にはなりません。この場合、毎日の食材に入っている有害物質を排除するのは負担が大きいため、喧嘩のもう一方の当事者である体内の有害物質を排出することを考えればいいのです。

やり方は、アトピーも、リウマチも、リンパ浮腫も、化学物質過敏症も、食物アレルギーも、むずむず病もすべて同じです。関節を弛めてリンパを流す・・・これでいいのです。やり方のコツさえ掴めば誰にでも治せます。何回で治せるかは個人差があり一概には言えませんが平均5回程度で良くなっています。なお、リンパ浮腫で5日間連続で施術しても(しかも一回当たりの施術時間を2倍に延長しても)効果が出なかったケースが一回だけあります。抗がん剤を25回投与した影響でリンパ浮腫になったものですが、結局期待された効果は出ませんでした。申し訳ないので施術料金は全額返却しました。このような特殊なケース以外は治ります。その実績があります。
病気の原因その2リンパの流れが悪いのです。

リンパの滞留で「老廃物」が蓄積

病気が治る原理

病気を治すのは自然治癒力! 骨が突出したり体がむくんでいて、押してみて痛みがある部位は神経が圧迫されたり、リンパの流れが阻害されています。骨の神経圧迫を除去し、リンパの流れを良くして有害な化学物質を排除すれば自然治癒力で病気は治ります。つまり、骨とリンパで病気は治る!のです。

どこに行っても治らない! 3年も5年も通院しているのに良くならない。
そんなあなたは間違った療法を選択しているのです。

忍者の自然療法は自然の摂理に逆らわない正しい療法です。だから現代医学では治らないものが400年前の療法で治るのです!

さらに言えば、この原理原則を踏み外した療法だからあなたはいつまで経っても治らないのです。またプロの施術家で何千人もの施術をやってきたが治った人はほとんどいないという悲劇も生まれるのです。

 

具体的な施術方法

1. 筋肉を弛め骨から根本的に治す!

人体は筋肉や血管で骨格を支えることで直立姿勢を保っています。このためいきなり骨の歪みを正そうとしても周囲の筋肉が緊張したままでは骨の歪みを正すのは困難です。骨法療法では、まず骨を支える筋肉の緊張を解き、その後で骨の歪みを正します。これで容易に骨の隙間を開くことができ神経の圧迫が除去され脳からの指令が伝わり自然治癒力が回復し病気は治ります。

2.「リンパ」を流し根本原因から治す!

リンパの流れの滞留による病気は関節を弛め体の深い部分から皮下組織全体をほぐしてリンパの流れを改善していきます。老廃物や有害化学物質が流れてしまうとアトピ-、リウマチ、リンパ浮腫などは治ります。ステロイドなどの医薬品で症状を抑え込んでいる場合は後日リバウンドが出ることがあります。

しかし何度かの施術を繰り返し老廃物や有害化学物質が流れてしまえば症状はなくなります。アトピーは関節炎であり、原因はお産の際の『陣痛促進薬』 リウマチの原因の多くは台所洗剤の『合成界面活性剤』

『免疫』は誤作動も暴走もしない。ステロイド(免疫抑制剤)で抑えていたアトピーが2年ほどで再発するのは効果がなくなったからです。免疫の誤作動などではありません。免疫が正しく働いて有害化学物質を排除しているのです。だから、抑えるのでなく出すのです。流せばいいのです。逆をするから二十歳になっても三十歳になっても治らないんです。

骨法の極意

筋肉を弛め、骨を調整する!

筋肉を弛め、骨を調整する!

こうもり傘の骨を直すのに、傘が開いてピンと張ったままでは直せません。いったん傘を閉じて骨を弛めてから骨を直します。体の骨を治すのも同じことです。

周囲の筋肉が固まった状態では骨は動きませんが周囲の筋肉を弛めてから骨を治すと骨は比較的容易に動きます。筋肉をほぐすだけでは歪んだ骨格によって筋肉が異常な方向に引っ張られ筋肉が固まってすぐに再発します。

一般の施術院では骨格から治すことはやってくれません。だから、何回通っても治らないのです。忍者の療法は骨という根本から治すから再発しにくいのです。

弱い力で骨の隙間を開くことができる理由!

最小の力で最大の時間

最小の力で最大の時間

アスファルトとたんぽぽ
アスファルトの舗装を突き破って生えているタンポポや雑草を見たことはありませんか?
草が全力でぶつかってもアスファルトは壊れません。しかし弱い力で長い時間押し続けると硬いアスファルトにさえヒビ割れができます。そこからタンポポが伸びるのです。

また、歯並びの矯正でも長い時間をかけて歯を動かします。

さらに「点滴岩を穿つ(うがつ)」というように、雨だれで岩に穴があく現象をみたことがあるでしょう。

極意は最小の力で最大の時間!  ではないのです!

安全で効果が高い本物の療法!

骨法療法の極意もこれと同じです。背骨が圧迫され隙間が狭くなっている部位を弱い力で押し続けると骨の隙間が開きます。隙間ができて神経に当たらなくなったら痛みが消えます。神経が圧迫されていない状態なら脳からの指令が正常に伝わり自然治癒力が働きます。

このように骨法療法は無理がなく、安全で確実な療法なのです!

もし失敗しても効果がないだけです。傷めたり、悪化することはありません。相手はお殿様やお姫様です。やり過ぎました!では許されません。打ち首にされてしまいます。忍者は粗相のないよう安全・確実な療法を考えたのです。また、戦(いくさ)の場では即座に治して敵と戦う必要があります。もし、間に合わなかったら敵に殺されます。

忍者はこんな時の緊急の療法も編み出しました。(秘伝) 五十肩は数秒、ぎっくり腰も数秒、寝違えも数秒! ・・・なのです!

忍者が考案した療法ではもっと詳細な手順が必要です。講習会ではその内容も惜しまずお伝えしています。

私がこの療法を習った時は、手取り足取り教えてくれるわけではなく、ビデオ撮影は禁止、技は盗んで帰れ、基本は教えるが個別の開解説はなし、自分で考えろ・・・こんな中で私が3年かかって修得し、1年間の無料施術で症例を集め、実際の体験で確信を得て集大成したものを、たった一日で伝授するのです。しかも、忘れないようにビデオ映像と写真入りの解説書まで付けて。さらに料金は破格の低価格。こんな好条件で伝授するのは、本物の療法を日本に残したいからなのです。
10年ほど前までは香川県には民間療法で病気を治す名人が何人かいました。タオルで背骨をこすって病気を治す名人。背骨を木槌で叩いて病気を治す名人。他にも著名な施術家がいました。しかし、ほとんどの名人が亡くなってしまい後継者がいません。私も長くはできません。このままでは古来からの民間療法は日本から消えてしまうのです。本気で治せる療法がなくなるのです。もし、若い世代の人がこの療法を引き継いでくれたら、末永く日本に残るかもしれない・・・そんな儚い願いを託して骨法講座、骨法塾をやっているのです。
また、映像や解説書を作成したのは、もしこの療法が消滅してしまっても、例えば100年後の人たちが、古い遺品を整理していて、たまたまこの資料を見つけて「書いてある通りにやったらいろんな病気が治った!これは凄い資料だ」と言って、この療法を復元してくれるかも知れない。そんな思いもありました。
夢の世界では師匠の耳にUSBメモリーを差し込んで、すべての知識、ノウハウをコピーして、誰かの耳からインストールすれば、師匠の技を全て受け継ぐことができるのに・・・ということも考えました。
しかし、現実の世界ではコツコツやるしかないのです。骨骨と、骨から治すのです。

 

講習会のご案内

忍者の自然療法を修得したい方・家族、友人を治してあげたい方、あるいは本物の療法を学びたいというプロの方、
「研修受講生募集&患者役募集」をご覧ください。
 
 

営業時間 9:00 - 17:00| 20:00 - 22:00 定休日なし
※お一人様あたり、最長90分ほど施術のお時間を頂いております。

  •  予約優先制・当日ご予約OK 電話番号:080-3168-2623
  • WEBからのご予約空き状況の確認