効率的なメール予約の方法

時代の進歩は著しく予約方法にも大きな変化がありました。
ずっと前の世の中なら電話予約しかなかったのですが、電子メールができて連絡が楽になりました。
相手が多忙で電話に出られなくても要件を送っておけば手が空いた時にみてくれるからすごく便利です。
若い世代の方の中には、いちいち言葉を交えなくても用件だけ伝えられるのがいいという方もいます。
さらに最近ではネット予約が主流になり、即時に予約が確定できてさらに便利になりました。
お店の側も、手作業で返信する必要がなく効率化がさらに進んできました。

しかし、便利になった反面、電子メールでの予約には不都合もありました。
電子メールレスポンスタイム(折り返し返事がくるまでの時間)が長くなるという不都合があります。
よくあったのが、メールで「いつが空いていますか?」という照会です。
初めの頃は、希望日がわからないから聞かれたままに『〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、でしたら空いています』と返信していました。
すると「いえいえ、今週ではなく、来週でいつが空いていますか?」と訊いてきます。
馬鹿正直に、『〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時からでしたら空いています。』と闇雲に答えていました。
先方からの返信がなかなか届かず、時間が経過しているうちに、他の方からの電話予約が入ってきます。
メール予約の途中の相手には『今、〇日△時は予約が入りましたからこの時間帯は外してください』と連絡を入れていました。
このように延々とやり取りが続くうちに状況は刻々と変化していきます。

その後ネット予約で便利になった反面、電子メールでの予約にさらなる不都合が生じてきたのです。
最近ではネット予約が主流ですから、当方が知らない間にネットで予約が確定しています。
『〇日△時から、〇日△時から、〇日△時から、〇日△時からでしたら空いています。』と答えておいたメール予約の方から「それでは〇日△時で予約お願いします」という連絡がきて当方で予約サイトに登録しようとした時には、すでに予約が詰まっていて予約ができません。
急いで、メール予約の方にお断りのメッセージを入れますが、予約ができたと安心して他の用事をしているのかなかなか返事がきません。 やっとこちらのメッセージを見てくれた時にはその方もいろんな予定を決めていて変更が大変になってしまいます。

・・・・っとまあ、このような失敗も過去にはありました。いわゆるダブルブッキングです。
メールのやり取りに時間をかけて結局すべてが無駄になったという実例です。

何がまずいのかというと、「いつが空いていますか?」という問い合わせに馬鹿正直に答えていたことが問題なのです。
最近では『逆に、いつがご希望ですか?3つほど候補を挙げてください』とメールを返します。
希望日時が3つほど入ったメールをみて直近の日時でネット予約を押さえてから予約確定のメールを送信します。
簡単なことなのに、気が弱いからなかなかこちらからは「こうしてくれ」とは言い出せないものです。
(最近では開き直っていますが)

聡明な方は、初めから「〇日△時、〇日△時、〇日△時、このうちで空いて日はありますか?」とメールで訊いてきます。
空いている日時でネット予約サイトに登録し、先方には『〇日△時で予約をお受けしました』と返信すれば完結します。
メールは1往復だけダブルブッキングの恐れもありません。
 「時は金なり」

世の中はますます多忙になり、自由な時間が減り、所得も毎年減少しています。ぼんやりして生きてはいけない時代です。
少しでも効率化して無駄な時間を節約して世の中の変化に対応していきませんか?

営業時間 9:00 - 17:00| 20:00 - 22:00 定休日なし
※お一人様あたり、最長90分ほど施術のお時間を頂いております。

  •  予約優先制・当日ご予約OK 電話番号:080-3168-2623
  • WEBからのご予約空き状況の確認